ゲット・アウト

「ゲット・アウト」の動画が無料で観れる
TSUTAYA TVは30日間お試し利用OK
↓↓↓

「ゲット・アウト」動画フルの配信情報を紹介します。

 

ゲット・アウト動画フルが観れる動画配信サービス

ゲット・アウトの動画フルが配信されている動画配信サービスは下記のとおりです。

動画配信サービス 料金や30日間
U-next(ユーネクスト) 詳細はこちら
TSUTAYA TV 詳細はこちら
music.jp 詳細はこちら
auビデオパス 詳細はこちら
ビデオマーケット 詳細はこちら
フジテレビオンデマンド(FOD) 詳細はこちら

※左端の動画配信サービス名タップで公式サイトに移動します

※掲載している情報は2019年4月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サービスサイトにてご確認ください。

上記の動画配信サービスでは配布されるポイントでゲット・アウトが視聴できます。
(無料お試し期間を利用します)

ゲット・アウトの動画フルを見て30日間中に退会すれば料金は1円もかかりません。

中でも新作映画2本分のポイントがもらえるTSUTAYA TVがおすすめです。

ゲット・アウトのキャスト・作品情報

ゲット・アウトのキャストと作品情報をまとめました。

▼作品情報
監督:ジョーダン・ピール
脚本:ジョーダン・ピール
原作:-

▼キャスト
(クリス・ワシントン)ダニエル・カルーヤ/(ローズ・アーミテージ)アリソン・ウィリアムズ/(ディーン・アーミテージ)ブラッドリー・ウィットフォード/(ジェレミー・アーミテージ)ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ/(ミッシー・アーミテージ)キャサリン・キーナー/スティーブン・ルート/ベッティ・ガブリエル/マーカス・ヘンダーソン/キース・スタンフィールド

ゲット・アウト 予告動画

ゲット・アウトのあらすじ

▼あらすじ
「パラノーマル・アクティビティ」「インシディアス」「ヴィジット」など人気ホラー作品を手がけるジェイソン・ブラムが製作し、アメリカのお笑いコンビ「キー&ピール」のジョーダン・ピールが初メガホンをとったホラー。低予算ながら全米で大ヒットを記録し、第90回アカデミー賞では作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞の4部門にノミネートされ、脚本賞を受賞した。アフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、白人の彼女ローズの実家へ招待される。過剰なまでの歓迎を受けたクリスは、ローズの実家に黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚えていた。その翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに出席したクリスは、参加者がなぜか白人ばかりで気が滅入っていた。そんな中、黒人の若者を発見したクリスは思わず彼にカメラを向ける。しかし、フラッシュがたかれたのと同時に若者は鼻から血を流し、態度を急変させて「出て行け!」とクリスに襲いかかってくる。

※ここからはゲット・アウトのネタバレを含んでいく場合があるので、結末を知りたくない場合は読み飛ばしてください

ゲット・アウトの動画視聴はTSUTAYA TVがおすすめ

ゲット・アウトの感想(ネタバレの可能性あり)

「ゲット・アウト」は2017年にアメリカで公開された映画です。

低予算でつくられたにも関わらず、テーマや脚本の秀逸さ、演出が高く評価され、全世界で興収270億円を記録した程の大ヒット映画です。

監督も俳優も新人であったのですが、アカデミー脚本賞を受賞するくらい高い評価を受けました。

ジャンルとしてはホラー映画なのですが、描かれる主題は「白人と黒人の対立および共生」であり、人種差別について考えさせられるものとなっています。

幽霊やモンスターが出てくるわけではありませんので、怖い映画が苦手な人でも見られると思います。

●ストーリーの概要主人公は黒人カメラマンのクリス(ダニエル・カルーヤ)で、彼女である白人の恋人ローズ(アリソン・ウィリアムズ)と彼女の実家へ挨拶に行くところから始まります。

クリスは「黒人の自分が受け入れてもらえるだろうか」と不安を抱いていたのですが、ローズの両親はクリスを温かく歓迎してくれました。

周囲の住人もクリスに優しく接してくれるのですが、クリスは何故か居心地の悪さを感じてしまいます。

そしてローズの家には使用人として住み込みの黒人女性のメイドや庭師の黒人男性がいました。

彼らの立ち居振る舞いが、クリスにはおかしなものに見えていました。

その翌日は、ローズの父が主催するパーティーが行われました。

ゲストは白人の富裕層ばかりだったのですが1人だけローガンという黒人男性がいました。

クリスはローガンに話しかけたのですが、また黒人らしくないしぐさをされて違和感を覚えます。

パーティーで、クリスは盲目の美術商であるジム・ハドソンに話しかけられます。

ジムは画廊オーナーをしているのですが、以前からクリスの作品を評価していたそうです。

パーティーの終盤、クリスはローガンをスマホで撮影しようとしたます。

するとフラッシュに反応したローガンが「Get out!」と叫び、クリスに襲いかかってきます。

クリスは慌ててローズと一緒にパーティー会場を離れます。

クリスが離れている間のパーティー会場では驚くことが催されていました。

ディーンが、クリスを人身売買のオークションにかけてたのです。

競り落としたのは、盲目の美術商であるジムでした。

クリスはローズ家の怪しさに気づいて帰ろうとするのですが、催眠術で眠らされ、縛られてしまいます。

実は、ローズの家族では黒人の肉体に家族や友人の脳みそを移植して永遠の命を得る、ということを行っていたのです。

黒人のメイドにはローズの祖母、黒人の庭師には祖父の脳みそが移植されていたのです。

クリスが覚えた違和感は、ローズ家の黒人は白人のような振る舞いをしているというものでした。

絶体絶命のクリスでしたが、綿を耳に詰めて催眠術をかけられたふりをして拘束から逃れます。

そしてローズ家の住民を次々と倒していきます。

ローズも殺そうとするのですが、本来の人格を一瞬取り戻した庭師の黒人がクリスを助けました。

ローズ一家全てを倒したところで、パトカーのサイレンが聞こえます。

「警察に殺される」と絶望したクリスですが、パトカーから出てきたのはクリスの友人で、無事にクリスは生還することができました。

●見どころ日本ではあまり意識することがない黒人と白人の問題が映画の中には随所に盛り込まれています。

クリスが感じる居心地の悪さ、黒人に対する偏見が様々な形で演出されています。

かつてアメリカでは奴隷制度もあったので、「綿、アイスティー」など「裕福な白人と使役される黒人」を意識させるようなポイントが多くありました。

しかし、クリスの危機を救ったものがその綿だったり、カメラが催眠術を解くためのファクターになっているなど伏線が丁寧にちりばめられており、それらが自然と納得できるようになっています。

タイトルにもなっている「Get out」は本来「出ていけ」という意味ですが、実はクリスに対して「逃げろ」という意味だったことが、映画を見終わるとわかります。

序盤の奇妙な恐怖を抱かせる雰囲気からローズ家の本性を知ったときの衝撃、終盤のクリスが大暴れする流れは爽快です。

テーマをしっかりと表現した名作ですが、2度見ると人種差別をどのように演出しているか深く理解できます。

本来目を背けがちな「差別」という問題を考えるきっかけにもなると思います。

↓ゲット・アウト動画フル配信↓

Pandora、Dailymotionで見るのは危険

PandoraやDailymotion、Youtubeなどに映画の動画フルがアップされていたら、「違法アップロード作品」です。

無断で動画フルをあげているので「著作権の侵害で削除されました」というメッセージを見たこともあると思います。

仮にゲット・アウトの動画フルを見かけても、違法だと知って視聴するのはやめましょう

また、海外の動画共有サービスで怖いのが「ウイルス」です。

無料で動画フルを観れるからと利用すると知らない間にウイルスを仕掛けられて端末が重くなったり、最悪の場合で個人情報を悪用される危険性も出てきます。

私も昔そういう知識がない時に「無料じゃん♪」と安易な気持ちで観てしまったことがありますが感染していなくてよかったです。。
違法アップロード動画は無料ですが画質も良くないですし、無料の代わりに広告がしつこいので快適に視聴できません。
(特にPandoraやデイリーモーションは4、5分に1回ペースで広告が入ります。)

そんなリスクをとって画質の悪い動画を観なくても公式の動画サービスで無料でゲット・アウトが安心して見れるので、そちらを利用することをおすすめします。

「ゲット・アウト」を視聴するならTSUTAYA TVがおすすめです