いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち

「いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち」の動画が無料で観れる
TSUTAYA TVは30日間お試し利用OK
↓↓↓

「いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち」動画フルの配信情報を紹介します。

 

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち動画フルが観れる動画配信サービス

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たちの動画フルが配信されている動画配信サービスは下記のとおりです。

動画配信サービス 料金や30日間
U-next(ユーネクスト) 詳細はこちら
TSUTAYA TV 詳細はこちら
music.jp 詳細はこちら
auビデオパス 詳細はこちら
ビデオマーケット 詳細はこちら
フジテレビオンデマンド(FOD) 詳細はこちら

※左端の動画配信サービス名タップで公式サイトに移動します

※掲載している情報は2019年1月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サービスサイトにてご確認ください。

上記の動画配信サービスでは配布されるポイントでいつだってやめられる 10人の怒れる教授たちが視聴できます。
(無料お試し期間を利用します)

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たちの動画フルを見て30日間中に退会すれば料金は1円もかかりません。

中でも新作映画2本分のポイントがもらえるTSUTAYA TVがおすすめです。

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たちのキャスト・作品情報

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たちのキャストと作品情報をまとめました。

▼作品情報
監督:シドニー・シビリア
脚本:シドニー・シビリア/フランチェスカ・マニエーリ/ルイジ・ディ・カプア
原作:-

▼キャスト
(ピエトロ・ズィンニ)エドアルド・レオ/(パオラ・コレッティ)グレタ・スカラーノ/(ジュリア)ヴァレリア・ソラリーノ/(マッティア・アルジェリ)ヴァレリオ・アプレア/(アルトゥーロ・フランティーニ)パオロ・カラブレージ/(バルトロメオ・ボネッリ)リベロ・デ・リエンツォ/(アルベルト・ペトレッリ)ステファノ・フレージ/(ジョルジョ・シローニ)ロレンツォ・ラヴィア/(アンドレア・デ・サンクティス)ピエトロ・セルモンティ/(ジュリオ・ボッレ)マルコ・ボニーニ

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち 予告動画

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たちのあらすじ

▼あらすじ
生き延びるためにドラッグ製造に手を出して逮捕された元大学教授・ピエトロ。服役中の彼は、ドラッグ蔓延を止めたい警察の捜査に協力することに。大学を追われた同僚たちを呼び戻し、チームを結成してミッションに挑む。だが予期せぬ事態が次々と起こり…。

※ここからはいつだってやめられる 10人の怒れる教授たちのネタバレを含んでいく場合があるので、結末を知りたくない場合は読み飛ばしてください

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たちの動画視聴はTSUTAYA TVがおすすめ

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たちの感想(ネタバレの可能性あり)

「いつだってやめられる」は大好きなシリーズです。

まず映像のネオンカラーが印象的。

サイケデリックでスタイリッシュな見た目とは裏腹に、決して見目麗しいとは言えない教授たちが奮闘します。

パンフレットでは、二度ほど様々な分野の教授が「アベンジャーズよろしく集結する」と表現されていましたが、そんな格好いいものではありません。

彼らはただ職を追われて、薬物に関わり犯罪に手を染め、自由になるために警察に協力するだけです。

でも、この物語の根本にあるのは「頭脳流出」というかなり深刻な問題で、その点に対する風刺もピリッと効いてる、ハイセンスなコメディだと思います。

台詞の中に「初めて人の役に立てた気がした」という文言がありますが、これが『いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち』の中で最も深刻かつリアルな台詞なのだろうと思います。

どんなに知的で、長年研究を続けて来ても、報われなかった教授たちが、犯罪を経てやりがいを覚えるなんて。

こんな皮肉がどこにあるだろうかと思ってしまいます。

『いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち』の中で一番のお気に入りのシーンは、KASABIANの曲をバックに、教授たちがおんぼろのナチス時代の車両に乗って決戦に向かうシーン。

彼らは知的なくせに、イタリア人の気質なのかとにかく人の話を聞かず、バラバラでまとまらないのですが、そんな彼らが妙に格好良く見える場面です。

難しいことは考えずに笑って、それから少しだけ教授たちに思いを馳せるのが、おすすめの映画です。

↓いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち動画フル配信↓

Pandora、Dailymotionで見るのは危険

PandoraやDailymotion、Youtubeなどに映画の動画フルがアップされていたら、「違法アップロード作品」です。

無断で動画フルをあげているので「著作権の侵害で削除されました」というメッセージを見たこともあると思います。

仮にいつだってやめられる 10人の怒れる教授たちの動画フルを見かけても、違法だと知って視聴するのはやめましょう

また、海外の動画共有サービスで怖いのが「ウイルス」です。

無料で動画フルを観れるからと利用すると知らない間にウイルスを仕掛けられて端末が重くなったり、最悪の場合で個人情報を悪用される危険性も出てきます。

私も昔そういう知識がない時に「無料じゃん♪」と安易な気持ちで観てしまったことがありますが感染していなくてよかったです。。
違法アップロード動画は無料ですが画質も良くないですし、無料の代わりに広告がしつこいので快適に視聴できません。
(特にPandoraやデイリーモーションは4、5分に1回ペースで広告が入ります。)

そんなリスクをとって画質の悪い動画を観なくても公式の動画サービスで無料でいつだってやめられる 10人の怒れる教授たちが安心して見れるので、そちらを利用することをおすすめします。

「いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち」を視聴するならTSUTAYA TVがおすすめです