ザ・プレデター

「ザ・プレデター」の動画が無料で観れる
FODプレミアムは1ヶ月間お試し利用OK
↓↓↓

「ザ・プレデター」は「プレデター」シリーズの続編となる映画です。

戦闘種族プレデターと人類の戦いを描いています。

「ザ・プレデター」動画フルの配信情報を紹介します。

 

ザ・プレデター動画フルが観れる動画配信サービス

ザ・プレデターの動画フルが配信されている動画配信サービスは下記のとおりです。

動画配信サービス 料金や1ヶ月間
U-next(ユーネクスト) 詳細はこちら
TSUTAYA TV 詳細はこちら
music.jp 詳細はこちら
auビデオパス 詳細はこちら
ビデオマーケット 詳細はこちら
フジテレビオンデマンド(FOD) 詳細はこちら

※左端の動画配信サービス名タップで公式サイトに移動します

※掲載している情報は2019年4月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サービスサイトにてご確認ください。

上記の動画配信サービスでは配布されるポイントでザ・プレデターが視聴できます。
(無料お試し期間を利用します)

ザ・プレデターの動画フルを見て1ヶ月間中に退会すれば料金は1円もかかりません。

中でも新作映画2本分のポイントがもらえるTSUTAYA TVがおすすめです。

ザ・プレデターのキャスト・作品情報

ザ・プレデターのキャストと作品情報をまとめました。

▼作品情報
監督:シェーン・ブラック
脚本:フレッド・デッカー/シェーン・ブラック
原作:‐

▼キャスト
ボイド・ホルブルック/トレバンテ・ローズ/ジェイコブ・トレンブレイ/キーガン=マイケル・キー/オリビア・マン/スターリング・K・ブラウン/トーマス・ジェーン/アルフィー・アレン/アウグスト・アギレラ/ジェイク・ビューシイ/イボンヌ・ストラホフスキー/ブライアン・プリンス/マイク・ドプド/ニオール・マター/ピーター・シンコダ

ザ・プレデター 予告動画

ザ・プレデターのあらすじ

▼あらすじ
元特殊部隊員の傭兵クイン・マッケナは、メキシコのジャングルに墜落した宇宙船と、その船に乗っていたプレデターを目撃。プレデターの存在を隠匿しようとする政府に拘束されてしまう。クインは、墜落現場から持ち帰っていたプレデターのマスクと装置を自宅に送り届けていたが、クインの息子で天才的な頭脳をもつ少年ローリーが装置を起動させてしまう。装置から発せられるシグナルによってプレデターがローリーのもとに現れ、さらにそのプレデターを追い、遺伝子レベルでアップグレードした究極のプレデターまでもが姿を現す。

※ここからはザ・プレデターのネタバレを含んでいく場合があるので、結末を知りたくない場合は読み飛ばしてください

ザ・プレデターの動画視聴はTSUTAYA TVがおすすめ

ザ・プレデターの感想(ネタバレの可能性あり)

映画「ザ・プレデター」の監督はショーン・ブラックさん。

第一作でメガネの通信担当の兵隊役で出ていた人で、「ナイスガイズ」などのアクションコメディを監督してきた人です。

出演は「ローガン/LOGAN」のボイド・ホルブルック、「マジック・マイク」のオリヴィア・マン、「ムーンライト」のトレヴァンテ・ローズ。

‘87年の第一作からシリーズで何作も作られているものの最新作です。

今回は、これまでのプレデターの事を調べている米政府の組織が出てきますが、こぎれいで清潔なエリート感のある人達で、一方のマッケンナと共に戦う障害を持った軍人たちはアクの強い曲者ぞろいで、様々なことから軍隊内で障害を負っているという対比が良かったです。

全体的にストーリーの展開が早く、雑な感じの作りの映画ですが、変に高級ぶらずに、あくまでシリーズ物のSFアクション映画の一作という感じになっています。

様々な登場人物がいて、どんどん物語が展開していくので、ちょっと詰め込みすぎ感はありますが、B級エンタメ感の一部として、まあこんなもんだろうという感じでした。

2010年の「プレデターズ」よりB級感が強く雑な感じの映画です。

いろいろな特徴のある場所でロケをしていて、映像的な素材は多かったので、もうちょっと場所を絞った方が良かったでしょう。

プレデター対人間という事で、立体的な展開の戦いになるため、このシリーズによくあることとして、画面が判りづらいところもありましたが、まあ家のテレビで観るなら解る範囲内でした。

これまでの物と違って、人間と正々堂々と対決してやるぜ、というシーンがなかったのが食い足りないところです。

プレデターが話すとプレデター語の字幕が出て、それが英語に変わるというのは、今後のこのシリーズに活かせそうでした。

今回は、印象に残ったのは脇役の軍人達のノリや捨て身の戦いでした。

普通の映画なら真剣になるシーンでふざけたり、無茶な戦い方をしたりと雑にふざけた映画です。

「リーサルウェポン」の脚本を書いた人が監督という事でいかにもという感じでした。

米国では色々な所にホームレスの人がいて、車いすに乗っているなどの明らかに障害を持った人もいて、退役軍人も多いとのことです。

また、オバマ政権の頃からミリシアと呼ばれる武装民兵組織も増えていて、その中には多くの退役軍人がいることも考えると、ちょっと怖い感じがします。

↓ザ・プレデター動画フル配信↓

Pandora、Dailymotionで見るのは危険

PandoraやDailymotion、Youtubeなどに映画の動画フルがアップされていたら、「違法アップロード作品」です。

無断で動画フルをあげているので「著作権の侵害で削除されました」というメッセージを見たこともあると思います。

仮にザ・プレデターの動画フルを見かけても、違法だと知って視聴するのはやめましょう

また、海外の動画共有サービスで怖いのが「ウイルス」です。

無料で動画フルを観れるからと利用すると知らない間にウイルスを仕掛けられて端末が重くなったり、最悪の場合で個人情報を悪用される危険性も出てきます。

私も昔そういう知識がない時に「無料じゃん♪」と安易な気持ちで観てしまったことがありますが感染していなくてよかったです。。
違法アップロード動画は無料ですが画質も良くないですし、無料の代わりに広告がしつこいので快適に視聴できません。
(特にPandoraやデイリーモーションは4、5分に1回ペースで広告が入ります。)

そんなリスクをとって画質の悪い動画を観なくても公式の動画サービスで無料でザ・プレデターが安心して見れるので、そちらを利用することをおすすめします。

「ザ・プレデター」を視聴するならTSUTAYA TVがおすすめです