1987、ある闘いの真実

「1987、ある闘いの真実」の動画が無料で観れる
TSUTAYA TVは30日間お試し利用OK
↓↓↓

「1987、ある闘いの真実」は韓国民主化闘争をテーマとし、実話を基にした映画です。

「1987、ある闘いの真実」動画フルの配信情報を紹介します。

 

1987、ある闘いの真実動画フルが観れる動画配信サービス

1987、ある闘いの真実の動画フルが配信されている動画配信サービスは下記のとおりです。

動画配信サービス 料金や30日間
U-next(ユーネクスト) 詳細はこちら
TSUTAYA TV 詳細はこちら
music.jp 詳細はこちら
auビデオパス 詳細はこちら
ビデオマーケット 詳細はこちら
フジテレビオンデマンド(FOD) 詳細はこちら

※左端の動画配信サービス名タップで公式サイトに移動します

※掲載している情報は2019年2月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サービスサイトにてご確認ください。

上記の動画配信サービスでは配布されるポイントで1987、ある闘いの真実が視聴できます。
(無料お試し期間を利用します)

1987、ある闘いの真実の動画フルを見て30日間中に退会すれば料金は1円もかかりません。

中でも新作映画2本分のポイントがもらえるTSUTAYA TVがおすすめです。

1987、ある闘いの真実のキャスト・作品情報

1987、ある闘いの真実のキャストと作品情報をまとめました。

▼作品情報
監督:チャン・ジュナン
脚本:-
原作:-

▼キャスト
(パク所長)キム・ユンソク/(チェ検事)ハ・ジョンウ/(ハン・ビョンヨン)ユ・ヘジン/(ヨニ)キム・テリ/(キム・ジョンナム)ソル・ギョング/(チョ・ハンギョン)パク・ヘスン/(ユン・サンサム)イ・ヒジュン/(イ・ハニョル)カン・ドンウォン/(パク・ジョンチョル)ヨ・ジング

1987、ある闘いの真実 予告動画

なし

1987、ある闘いの真実のあらすじ

▼あらすじ
「ファイ 悪魔に育てられた少年」のチャン・ジュナン監督が、韓国民主化闘争の実話を描いた社会派ドラマ。1987年1月、全斗煥大統領による軍事政権下の韓国。南営洞警察のパク所長は北分子を徹底的に排除するべく、取り調べを日ごとに激化させていた。そんな中、行き過ぎた取り調べによってソウル大学の学生が死亡してしまう。警察は隠蔽のため遺体の火葬を申請するが、違和感を抱いたチェ検事は検死解剖を命じ、拷問致死だったことが判明。さらに、政府が取り調べ担当刑事2人の逮捕だけで事件を終わらせようとしていることに気づいた新聞記者や刑務所看守らは、真実を公表するべく奔走する。また、殺された大学生の仲間たちも立ち上がり、事態は韓国全土を巻き込む民主化闘争へと展開していく。パク所長を「チェイサー」のキム・ユンソク、チェ検事を「お嬢さん」のハ・ジョンウ、学生デモに立ち上がる大学生を「華麗なるリベンジ」のカン・ドンウォンと豪華キャストが共演した。

※ここからは1987、ある闘いの真実のネタバレを含んでいく場合があるので、結末を知りたくない場合は読み飛ばしてください

1987、ある闘いの真実の動画視聴はTSUTAYA TVがおすすめ

1987、ある闘いの真実の感想(ネタバレの可能性あり)

「1987、ある闘いの真実」は韓国映画です。

韓国映画はラブコメや切羽詰まるようなサスペンス映画もお得意ですが社会派映画も面白いのです。

チェ検事役のハ・ジョンウはやはりどんな役も様になるというかこの人がでてるだけでも観れてしまうスター性がたまらない俳優です。

さて、この韓国映画「1987、ある闘いの真実」では韓国の近現代史の中でグレーな史実を知ることになります。

それはまるで1980年5月に街が戦場と化した光州事件を繰り返しているような内容で1987年とはつい最近そう遠い過去ではない史実に驚かされ韓国国民がいかに最近まで権力に独裁されてきた不幸が感じられます。

赤狩りに躍起になっていた警察が検挙した学生を拷問に拷問を重ねて殺してしまうのは日本の昭和初期の赤狩りで小林多喜二を拷問で殺してしまった事件を連想させられました。

この時代の軍事独裁に反発が起き社会主義に走るものが出てくるのはわかるような気もしてきます。

警察の強引で野蛮で隠蔽体質な実態そして政府側も翌年に控えたソウルオリンピック前に事をオモシロおかしくはしたくなかったのでしょう。

話が進むに連れこんな政治、警察、時代はおかしいと立ち上がりその思いを水面下で行動に移す大人たちそして若者は素直で純粋な気持がデモを起こし韓国国民の怒りと改革心が飽和点に達しこの映画の見どころに達する。

近現代史好きの方には特におすすめです。

↓1987、ある闘いの真実動画フル配信↓

Pandora、Dailymotionで見るのは危険

PandoraやDailymotion、Youtubeなどに映画の動画フルがアップされていたら、「違法アップロード作品」です。

無断で動画フルをあげているので「著作権の侵害で削除されました」というメッセージを見たこともあると思います。

仮に1987、ある闘いの真実の動画フルを見かけても、違法だと知って視聴するのはやめましょう

また、海外の動画共有サービスで怖いのが「ウイルス」です。

無料で動画フルを観れるからと利用すると知らない間にウイルスを仕掛けられて端末が重くなったり、最悪の場合で個人情報を悪用される危険性も出てきます。

私も昔そういう知識がない時に「無料じゃん♪」と安易な気持ちで観てしまったことがありますが感染していなくてよかったです。。
違法アップロード動画は無料ですが画質も良くないですし、無料の代わりに広告がしつこいので快適に視聴できません。
(特にPandoraやデイリーモーションは4、5分に1回ペースで広告が入ります。)

そんなリスクをとって画質の悪い動画を観なくても公式の動画サービスで無料で1987、ある闘いの真実が安心して見れるので、そちらを利用することをおすすめします。

「1987、ある闘いの真実」を視聴するならTSUTAYA TVがおすすめです