検察側の罪人

「検察側の罪人」の動画が無料で観れる
TSUTAYA TVは30日間お試し利用OK
↓↓↓

「検察側の罪人」は木村拓哉×二宮和也というジャニーズの共演が話題になった映画です。

「検察側の罪人」動画フルの配信情報を紹介します。

 

検察側の罪人動画フルが観れる動画配信サービス

検察側の罪人の動画フルが配信されている動画配信サービスは下記のとおりです。

動画配信サービス 料金や30日間
U-next(ユーネクスト) 詳細はこちら
TSUTAYA TV 詳細はこちら
music.jp 詳細はこちら
auビデオパス 詳細はこちら
ビデオマーケット 詳細はこちら
フジテレビオンデマンド(FOD) 詳細はこちら

※左端の動画配信サービス名タップで公式サイトに移動します

※掲載している情報は2019年3月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サービスサイトにてご確認ください。

上記の動画配信サービスでは配布されるポイントで検察側の罪人が視聴できます。
(無料お試し期間を利用します)

検察側の罪人の動画フルを見て30日間中に退会すれば料金は1円もかかりません。

中でも新作映画2本分のポイントがもらえるTSUTAYA TVがおすすめです。

検察側の罪人のキャスト・作品情報

検察側の罪人のキャストと作品情報をまとめました。

▼作品情報
監督:原田眞人
脚本:原田眞人
原作:雫井脩介

▼キャスト
(最上毅)木村拓哉/(沖野啓一郎)二宮和也/(橘沙穂)吉高由里子/(丹野和樹)平岳大/(弓岡嗣郎)大倉孝二/(小田島誠司)八嶋智人/(千鳥)音尾琢真/(前川直之)大場泰正/(青戸公成)谷田歩/(松倉重生)酒向芳/(高島進)矢島健一/(桜子)キムラ緑子/(運び屋の女)芦名星/(最上奈々子)山崎紘菜/(諏訪部利成)松重豊/(白川雄馬)山崎努

検察側の罪人 予告動画

検察側の罪人のあらすじ

▼あらすじ
木村拓哉と二宮和也の初共演で、「犯人に告ぐ」などで知られる雫井脩介の同名ミステリー小説を映画化。「クライマーズ・ハイ」「わが母の記」「日本のいちばん長い日」「関ヶ原」など、話題作や名作を多数手がける原田眞人監督がメガホンをとり、ある殺人事件を巡る2人の検事の対立を描く。都内で発生した犯人不明の殺人事件を担当することになった、東京地検刑事部のエリート検事・最上と、駆け出しの検事・沖野。やがて、過去に時効を迎えてしまった未解決殺人事件の容疑者だった松倉という男の存在が浮上し、最上は松倉を執拗に追い詰めていく。最上を師と仰ぐ沖野も取り調べに力を入れるが、松倉は否認を続け、手ごたえがない。沖野は次第に、最上が松倉を犯人に仕立て上げようとしているのではないかと、最上の方針に疑問を抱き始める。木村がエリート検事の最上、二宮が若手検事の沖野に扮する。

※ここからは検察側の罪人のネタバレを含んでいく場合があるので、結末を知りたくない場合は読み飛ばしてください

検察側の罪人の動画視聴はTSUTAYA TVがおすすめ

検察側の罪人の感想(ネタバレの可能性あり)

「検察側の罪人」は木村拓哉と二宮和也のジャニーズ所属トップクラス俳優そろい踏みの作品。

法曹界における師弟関係をベースに、それぞれのキャラクターに合った役割分担で魅せてくれます。

木村は子連れの妻をもつやり手の最上検事役。

イメージ通りの豪華なマンションに暮らすも、連れ子はわかり易い遊び女キャラ。

彼の心の中には、殺人事件に巻き込まれた学生のままの幼馴染が住み続けており、現実の夫婦関係は心の通うものではない。

二宮も当初は新人検事として木村の後輩として勤めるも、私情を挟み幼馴染の事件を意のままに操ろうとする木村に気づき、真実を追求するため退職し、相手側に回る。

この時点で、吉高由里子扮する助手とは恋人同士。

わかり易い展開で恋人同士になるがそのあたりあまり深くはなく、あくまで映画の中のお約束程度。

どちらかというと本作品の始まりとなる事件の犯人役の役者の怪演や、二宮演じる沖津の心情の移り変わりが印象的。

作品の流れとしては、幼馴染の殺人事件に絡むとされる凶悪犯との駆け引き、最上(木村)の背後でその黒い心をあくまでも実行させようとひたすら黒く動き続ける松重豊の迫真の演技にとらわれた瞬間、検事であるはずの最上の大罪が起こる。

ひとりの人間としての最上の恐怖感や罪悪感と、それを上回る検事という犯罪に向き合うプロしての罪隠しとの間で葛藤する心情が伝わる演技はさすがで、やはりキムタクは格好いい役者なのかも。

↓検察側の罪人動画フル配信↓

Pandora、Dailymotionで見るのは危険

PandoraやDailymotion、Youtubeなどに映画の動画フルがアップされていたら、「違法アップロード作品」です。

無断で動画フルをあげているので「著作権の侵害で削除されました」というメッセージを見たこともあると思います。

仮に検察側の罪人の動画フルを見かけても、違法だと知って視聴するのはやめましょう

また、海外の動画共有サービスで怖いのが「ウイルス」です。

無料で動画フルを観れるからと利用すると知らない間にウイルスを仕掛けられて端末が重くなったり、最悪の場合で個人情報を悪用される危険性も出てきます。

私も昔そういう知識がない時に「無料じゃん♪」と安易な気持ちで観てしまったことがありますが感染していなくてよかったです。。
違法アップロード動画は無料ですが画質も良くないですし、無料の代わりに広告がしつこいので快適に視聴できません。
(特にPandoraやデイリーモーションは4、5分に1回ペースで広告が入ります。)

そんなリスクをとって画質の悪い動画を観なくても公式の動画サービスで無料で検察側の罪人が安心して見れるので、そちらを利用することをおすすめします。

「検察側の罪人」を視聴するならTSUTAYA TVがおすすめです