寝ても覚めても

「寝ても覚めても」の動画が無料で観れる
TSUTAYA TVは30日間お試し利用OK
↓↓↓

作品1行紹介文

「寝ても覚めても」動画フルの配信情報を紹介します。

 

寝ても覚めても動画フルが観れる動画配信サービス

寝ても覚めてもの動画フルが配信されている動画配信サービスは下記のとおりです。

動画配信サービス 料金や30日間
U-next(ユーネクスト) 詳細はこちら
TSUTAYA TV 詳細はこちら
music.jp 詳細はこちら
auビデオパス 詳細はこちら
ビデオマーケット 詳細はこちら
フジテレビオンデマンド(FOD) 詳細はこちら

※左端の動画配信サービス名タップで公式サイトに移動します

※掲載している情報は2019年2月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サービスサイトにてご確認ください。

上記の動画配信サービスでは配布されるポイントで寝ても覚めてもが視聴できます。
(無料お試し期間を利用します)

寝ても覚めてもの動画フルを見て30日間中に退会すれば料金は1円もかかりません。

中でも新作映画2本分のポイントがもらえるTSUTAYA TVがおすすめです。

寝ても覚めてものキャスト・作品情報

寝ても覚めてものキャストと作品情報をまとめました。

▼作品情報
監督:濱口竜介
脚本:田中幸子/濱口竜介
原作:柴崎友香

▼キャスト
(丸子亮平/鳥居麦)東出昌大/(泉谷朝子)唐田えりか/(串橋耕介)瀬戸康史/(鈴木マヤ)山下リオ/(島春代)伊藤沙莉/(岡崎伸行)渡辺大知/(平川)仲本工事/(岡崎栄子)田中美佐子/長内映里香/大西武志/玉川蓮/DJ RYOHEY/梅舟惟永/岡部尚/兼重淳/キンタカオ/望月美里/西山真来/本間淳志/小林達夫/枝元深佳/中山求一郎/深谷和倫/森三恵/三塚宏昭/加藤隆/谷五郎/田名部真理/滝口ひかり/滝口きらら/高森敬太/高木達也/金沢歩/米村亮太朗/占部房子/村上かず

寝ても覚めても 予告動画

寝ても覚めてものあらすじ

▼あらすじ
4人の女性の日常と友情を5時間を越える長尺で丁寧に描き、ロカルノ、ナントなど、数々の国際映画祭で主要賞を受賞した「ハッピーアワー」で注目された濱口竜介監督の商業映画デビュー作。第71回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品された。芥川賞作家・柴崎友香の同名恋愛小説を東出昌大、唐田えりかの主演により映画化。大阪に暮らす21歳の朝子は、麦(ばく)と出会い、運命的な恋に落ちるが、ある日、麦は朝子の前から忽然と姿を消す。2年後、大阪から東京に引っ越した朝子は麦とそっくりな顔の亮平と出会う。麦のことを忘れることができない朝子は亮平を避けようとするが、そんな朝子に亮平は好意を抱く。そして、朝子も戸惑いながらも亮平に惹かれていく。東出が麦と亮平の2役、唐田が朝子を演じる。

※ここからは寝ても覚めてものネタバレを含んでいく場合があるので、結末を知りたくない場合は読み飛ばしてください

寝ても覚めてもの動画視聴はTSUTAYA TVがおすすめ

寝ても覚めてもの感想(ネタバレの可能性あり)

「寝ても覚めても」の監督は濱口竜介です。

演技経験のない出演者たちと作った上映時間5時間を超える『ハッピーアワー』が数々の映画賞に輝いたことで話題になった監督の初の商業作品が「寝ても覚めても」で、カンヌ映画祭のコンペティション部門に出品されました。

これまでの濱口作品と同様、俳優たちは撮影以前に監督独自の方法によるワークショップに取り組みました。

感情をこめずに電話帳を読むように台詞を棒読みする等のワークショップの成果が出たのか、それともキャスティングが見事だったのか、一瞬たりとも緊張感の途切れない恋愛映画でした。

原作は柴崎友香の同名小説。

朝子(唐田えりか)は大阪で鳥居麦と知り合い、二人は恋に落ちます。

ところが自由人の麦はある日姿を消して彼女の前に二度と現れることはありませんでした。

ところが、東京に引っ越した朝子は麦と同じ顔の亮平と出会います。

自分の元を去った恋人と同じ顔の男が突然自分の前に現れた時に人はどんな反応をするのでしょうか。

朝子と亮平が初めて出会ったとき、目の前の男は麦ではないだろうかと疑って矢継ぎ早に朝子が質問をするシーンは亮平のとんちんかんな受け答えを導き、この映画の中でもっとも滑稽でした。

ところで麦と亮平は東出昌大の二役です。

二人をどう演じ分けるのかが興味深いところですが、同じ顔の全く違う人になっていたと言ってよいと思います。

むしろ、この映画をもっとも活気づけているのは、周囲の人々や状況に同調的であるようでいて、時に突拍子もない動きをする朝子のリアクションです。

亮平と婚約しながら、突然彼女の前に再び現れた麦に連れ去られてしまうのです。

そのために親友の顰蹙も買ってしまいますが、最後に朝子は亮平を選び、もうお前のことは信じられないと言う亮平と波乱含みに違いない人生を歩もうとします。

そもそも、朝子が遠ざけようとしていた亮平の愛を受け入れるきっかけは2011年3月11日の地震でした。

そして一度は麦の自動車で北海道を目指して走った朝子が亮平の元に帰ることにしたのは津波被害のあった町にできた防潮堤の前。

朝子の生き方に2011年3月11日という運命を肯定的に受け入れてしまった潔さを感じてしまいます。

最後に付け加えると、映画の前半でバイクに乗っていた麦と朝子が転倒しますが、けがをすることなく、心配して近づいてきた人たちを全く気にかけないかのようにキスをしているシーンが私にとって不思議なままです。

ひょっとしたらその後の物語はすべて、あの時事故で死んだ朝子の今わの際の夢なのでは、とも思えてしまうのです。

↓寝ても覚めても動画フル配信↓

Pandora、Dailymotionで見るのは危険

PandoraやDailymotion、Youtubeなどに映画の動画フルがアップされていたら、「違法アップロード作品」です。

無断で動画フルをあげているので「著作権の侵害で削除されました」というメッセージを見たこともあると思います。

仮に寝ても覚めてもの動画フルを見かけても、違法だと知って視聴するのはやめましょう

また、海外の動画共有サービスで怖いのが「ウイルス」です。

無料で動画フルを観れるからと利用すると知らない間にウイルスを仕掛けられて端末が重くなったり、最悪の場合で個人情報を悪用される危険性も出てきます。

私も昔そういう知識がない時に「無料じゃん♪」と安易な気持ちで観てしまったことがありますが感染していなくてよかったです。。
違法アップロード動画は無料ですが画質も良くないですし、無料の代わりに広告がしつこいので快適に視聴できません。
(特にPandoraやデイリーモーションは4、5分に1回ペースで広告が入ります。)

そんなリスクをとって画質の悪い動画を観なくても公式の動画サービスで無料で寝ても覚めてもが安心して見れるので、そちらを利用することをおすすめします。

「寝ても覚めても」を視聴するならTSUTAYA TVがおすすめです