十二人の死にたい子どもたち 無料動画

「十二人の死にたい子どもたち」の動画が無料で観れる
TSUTAYA DISCASは30日間お試し利用OK
↓↓↓

「十二人の死にたい子どもたち」は冲方丁の小説を、橋本環奈や杉咲花、高杉真宙など若手キャストで実写化した映画です。

そんな「十二人の死にたい子どもたち」動画フルの配信情報を紹介します。

下記のサイトを参考に調査しました。
→ 「十二人の死にたい子どもたち」の動画を無料で見る方法

十二人の死にたい子どもたち動画フルが観れる動画配信サービス

十二人の死にたい子どもたちの動画フルが配信されている動画配信サービスは下記のとおりです。

動画配信サービス 料金や30日間
U-next(ユーネクスト) 詳細はこちら
TSUTAYA TV 詳細はこちら
music.jp 詳細はこちら
auビデオパス 詳細はこちら
フジテレビオンデマンド(FOD) 詳細はこちら

※左端の動画配信サービス名タップで公式サイトに移動します

※掲載している情報は2019年10月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サービスサイトにてご確認ください。

上記の動画配信サービスでは配布されるポイントで十二人の死にたい子どもたちが視聴できます。
(無料お試し期間を利用します)

十二人の死にたい子どもたちの動画フルを見て30日間中に退会すれば料金は1円もかかりません。

中でも新作映画2本分のポイントがもらえるTSUTAYA TVがおすすめです。

十二人の死にたい子どもたちのキャスト・作品情報

十二人の死にたい子どもたちのキャストと作品情報をまとめました。

監督:堤幸彦
脚本:小林美穂
原作:長坂信人

十二人の死にたい子どもたち キャスト

杉咲花アンリ 新田真剣佑シンジロウ 北村匠海ノブオ 高杉真宙サトシ 黒島結菜メイコ 橋本環奈リョウコ(秋川莉胡) 吉川愛マイ 萩原利久タカヒロ 渕野右登ケンイチ 坂東龍汰セイゴ 古川琴音ミツエ 竹内愛紗ユキ とまんゼロバン

十二人の死にたい子どもたち 予告動画

十二人の死にたい子どもたちのあらすじ

「天地明察」「光圀伝」といった時代小説や「マルドゥック・スクランブル」などのSF小説で人気の作家・冲方丁が初めて現代を舞台に描いたミステリー小説を、「イニシエーション・ラブ」「トリック」など数々のヒット作を送り出してきた堤幸彦監督が映画化。閉鎖された病院を舞台に、それぞれの理由で安楽死をするため集まった12人の少年少女が、そこにいるはずがない13人目の少年の死体を見つけたことから始まる犯人捜しと、その過程で少年少女たちの死にたい理由が徐々に明らかになっていくことで、変化していく人間関係や心理を描いた。出演には杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜ら人気若手俳優がそろう。脚本は岸田國士戯曲賞受賞経歴を持つ劇作家の倉持裕。

※ここからは十二人の死にたい子どもたちのネタバレを含んでいく場合があるので、結末を知りたくない場合は読み飛ばしてください

十二人の死にたい子どもたちの動画視聴はTSUTAYA TVがおすすめ

十二人の死にたい子どもたちの感想(ネタバレの可能性あり)

女性の人物像

「十二人の死にたい子どもたち」という映画は死にたい願望のある12人が集まって死のうとするお話です。はじめは怖そうな映画だなという印象でしたがストーリーが進むにつれてなぜみんなが死にたいと思っているかという理由や経緯がわかっていくのがとても面白かったです。登場人物が全員少年少女だったので今の若い子たちの悩みや葛藤などを表しているみたいで心にきました。出演していた俳優さんも女優さんも演技がとても上手で映画に入り込みやすかったです。
【20代女性】

女性の人物像

「十二人の死にたい子どもたち」は最初ホラーサスペンス系かな?と思い観たのですが、端的に言えばホラー要素やグロイシーンはあまりなく、廃病院を舞台に安楽死を希望する少年少女たちによって繰り広げられるハラハラドキドキが止まらない内容でした。集まった13人(本来は12人)はそれぞれ重い病気を抱えていたり、家族の問題を抱えており、安楽死を実行しようと必死に意見交換をします。しかし13人の内1人でも多数決をして反対者がいると実行不可なので、それぞれの意見が食い違い錯綜してばかりでなかなか安楽死実行に移すことができず、ストーリーは展開します。何と言っても「十二人の死にたい子どもたち」の見どころは、当初の想像を覆される場面が多々あることです。集ったうちの1人が実際は死んでいないのに死んでいることになっていたり、少々内容がややこしいので1回観ただけで映画の全容を理解するのは難しく感じられるかもしれません。
【20代女性】

女性の人物像

「12人の死にたい子どもだち」は、集団自殺するために少年少女が閉鎖された病院に集まります。ストーリーの初めからベッドで横になって寝ている少年がいるので、13人で自殺を決行しようとしますが、死ぬ方法がなかなか決まりません。みんな「死にたい」と口に出してはいますが、なかなか決心がつきません。アンリ役の杉咲花だけが一貫して自殺願望を持った難しい役を演じていて、とても役に合っていました。現実では集団自殺するのは難しいと聞いていたので、映画では成功する集団自殺が見たかったです。
【30代女性】

↓十二人の死にたい子どもたち動画フル配信↓

十二人の死にたい子どもたち PandoraやDailymotion 無料

PandoraやDailymotion、Youtubeなどに映画の動画フルがアップされていたら、「違法アップロード作品」です。

無断で動画フルをあげているので「著作権の侵害で削除されました」というメッセージを見たこともあると思います。

仮に十二人の死にたい子どもたちの動画フルを見かけても、違法だと知って視聴するのはやめましょう。

また、海外の動画共有サービスで怖いのが「ウイルス」です。

無料で動画フルを観れるからと利用すると知らない間にウイルスを仕掛けられて端末が重くなったり、最悪の場合で個人情報を悪用される危険性も出てきます。

私も昔そういう知識がない時に「無料じゃん♪」と安易な気持ちで観てしまったことがありますが感染していなくてよかったです。。
違法アップロード動画は無料ですが画質も良くないですし、無料の代わりに広告がしつこいので快適に視聴できません。
(特にPandoraやデイリーモーションは4、5分に1回ペースで広告が入ります。)

そんなリスクをとって画質の悪い動画を観なくても公式の動画サービスで無料で十二人の死にたい子どもたちが安心して見れるので、そちらを利用することをおすすめします。

「十二人の死にたい子どもたち」を視聴するならTSUTAYA DISCASがおすすめです