AmazonプライムビデオはAmazonプライムに付帯する無料サービスの1つで、HuluやU-nextといった動画配信サービスと同じです。

→ Amazonプライム会員1ヶ月無料お試し登録はこちら

月額料金や無料お試し期間などの特徴を詳しく解説します。

 

Amazonプライムビデオとは?特徴を紹介

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオの特徴はこんな感じです。

・月額325円、1ヶ月無料お試し可能
・約35000本の映画や動画が見放題
・Amazonプライムビデオオリジナル作品多数
・マルチデバイス対応、ダウンロード機能もあり
・画質を自分で調整可能
・動画配信サービス以外のサービスが充実しすぎ

月額325円、1ヶ月無料お試し可能

Amazonプライムビデオの料金は年間3900円なので月々換算で325円です。

最安のdTVでも500円なのでかなり料金は安いですね。

しかも、後ほど説明しますがAmazonプライムビデオはAmazonプライム会員の特典の1つなので、Amazonプライム自体の特典がかなり充実しています。

また、月額400円でも申し込めるようになったので、「1年間使うかわからないし…」という場合は少し割高にはなりますが月額利用も可能です。

30日間の無料お試し期間があるので、その期間でどちらにするか決めることも可能、無料期間に退会すれば料金は1円もかかりません。

約35000本の映画や動画が見放題

Amazonプライムビデオ2

Amazonプライムビデオといえば、昔は作品数の少なさがネックでした。

2015年くらいは8000本程度だったのですが、最近はプライムビデオにも力を入れてきているので、2018年2月時点で約35000本のプライム会員動画が配信されています。

35000本は結構多いので、動画配信サービス単体として見ても充実していることがわかります。

Amazonプライムビデオオリジナル作品多数

Amazonプライムビデオには、ワイルド・スピードなどの人気映画やポプテピピックなどのアニメ、すべらない話や内村さまぁーずなどのバラエティと一般ジャンルの人気作品も多いです。

また、ウォーキングデッドやゲーム・オブ・スローンズなど人気の海外ドラマも配信されています。

この記事を書いている時点でウォーキングデッドは最新のシーズン7やゲーム・オブ・スローンズはシーズン6(最新シーズンは7)まで配信されていました。

海外ドラマの充実度はHuluに負けますが普通に海外ドラマも多いです。

そして、オリジナル作品にも力を入れているのが特徴です。

テレビのCMで見たことあるかもしれませんが、松本人志のドキュメンタルや、同じくテレビCMをしていた浜田雅功の戦闘車など、Amazonプライムビデオでしか見れない作品が多いです。

特にドキュメンタルは現在シーズン4まで出ていますが面白いのでおすすめ。

マルチデバイス対応、ダウンロード機能もあり

AmazonプライムビデオはTV、PC、スマートフォン、タブレットといったマルチデバイスに対応しています。

テレビで見る場合は、相性の良いFire TV Stickがおすすめ。


Fire TV Stick (New モデル)

AppleTVがあれば、iPadにAmazonプライムビデオのアプリをインストールして、AirPodsで画面を同期しながら見ることも可能です。(私はこの方法で観ています)

さらに、動画のダウンロード機能に対応しているので自宅のWifiでダウンロードしておけば外出先でもデータ量を気にせずに視聴できます。

Amazonプライム会員が無料で利用できるプライムミュージックでも同じように端末ダウンロードが可能なので便利です。

画質を自分で調整可能

Amazonプライムビデオで配信されている動画は、使う端末に応じて画質を変更することが可能。

そのため、外で動画を観るからデータ通信を減らしたい時に画質を下げることで対応できます。

動画配信サービス以外のサービスが充実しすぎ

Amazonプライムビデオは年間利用の場合で月額325円、配信作品数も35000本近くと動画配信サービス単体でもコスパは結構高めなんですが、

もともとAmazonプライム会員特典の1つ

なんです。

Amazonプライム会員の特典としては下記のようなものがあります。

・配送特典(お急ぎ便無料、プライム会員送料無料)
・プライムビデオ(映画や動画が見放題)
・プライムリーディング(本、マンガ、雑誌読み放題)
・プライムミュージック(100万曲が聴き放題)
・プライム・フォト(写真を好きなだけ保存可能)
・会員限定先行タイムセール(特別セール)
・プライムナウ(首都圏なら1時間以内に商品が届く)
・Amazonファミリー(常時おむつセールなど)
・Kindleオーナーライブラリー(月1本書籍無料)
・AmazonMastercard(Amazonでポイント2%)
・AmazonDashButton(ワンプッシュで商品配送)
・Amazonパントリー(日用品配送サービス)
・Amazonフレッシュ(生鮮食品配送サービス)
・家族会員は2人まで無料利用可能

これ全部利用できて325円です。

と自分で書いていてあらためて思いましたが、これだけのサービスが全部利用できるAmazonプライムの中の1つの特典がAmazonプライムビデオだったわけです。

ですから、動画のラインナップがいまいちでもまぁ仕方ないよねという評判だったのですが、ここまで説明した通り、今は普通に動画配信サービス単体でも結構充実しています。

お得すぎてわけわかりませんw

Amazonプライムビデオのオススメポイント

Amazonプライムビデオのオススメポイントはやはり、コスパの高さです。

これだけのサービスで月額325円は破格。

月額利用の400円でも安いと思います。

月に1回でもAmazonでお買い物をする場合は、それだけで入っておいて損はないです。

Amazonプライムビデオの気になるポイント

動画の本数が増えたとはいえ、動画配信サービス単体の評価としてはTOPレベルではないということでしょうか。

私はAmazonでめちゃくちゃ買い物するのでAmazonプライム自体はもう3年くらい利用しています。

お急ぎ便とかプライム価格とかあるのでもう解約はできないレベルです。

しかし、プライムビデオはドキュメンタルなどのリジナル動画以外はあまり観ていません。

これは私が他の複数の動画サービスを契約しているからでもあるので、暇な時に動画を観たいとかなら十分満足できるはず。

新作が観たい場合は他の動画サービスを検討した方がいいですが、何と言っても月額料金が安いので契約しておいて損はしないというのが個人的な感想です。

スタバのコーヒー1杯分の価格と同じでこのサービスは実際驚異的なので、30日無料お試し期間もありますし1度試してみてほしいサービスです。

→ Amazonプライム会員1ヶ月無料お試し登録はこちら