auビデオパスはauユーザー限定の動画配信サービスです。


→ auビデオパス無料お試し登録はこちら

ドコモ、ソフトバンクユーザーは申し込めません。

その代わり、auユーザーにはおすすめできる動画配信サービスなので、auビデオパス料金やお試し期間などの特徴やおすすめポイント、気になるポイントなどを紹介します。

auビデオパスとは?特徴を紹介

Auビデオパス1

auビデオパスはKDDIが運営するauユーザー向けの動画配信サービスです。

auビデオパスの特徴を簡単にまとめると下記のような感じです。

・月額562円、30日間無料お試し期間アリ
・新作も見れるポイントが毎月540ポイントもらえる
・動画配信本数は人気ジャンルから10000本厳選
・アニメや特撮ものジャンルに強い
・専用のサービスに申し込めばアダルトも視聴可能
・ダウンロード機能付き、マルチデバイスに対応
・ドラマの見逃し配信もあり
・映画の割引サービスが特典で何回でも利用できる
・キャリア決済も可能で申し込みは一瞬で終わる

月額562円、30日間無料お試し期間アリ

auビデオパスの利用料金は月額562円です。

初回申し込みから30日間は無料お試し期間となっているので無料で利用できます。

他の動画配信サービスと比べると月額費用が安いですが、これは携帯キャリア系の動画配信サービスの特徴です。

dTVもそうですが、携帯キャリアが提供する動画配信サービス(VOD)は

・月額費用が安い
・スマートフォン向けアプリが使いやすい
・動画のダウンロードも可能

といった特徴があります。

キャリアが提供するVODということでスマホ利用が前提なので、快適に使えるようなカスタマイズがされているんですね。

また、スマホで使うとデータ通信料が増えるのでそこからの売上も見込めますし、スマートフォン契約の販促効果も多少なりとも見込めます。

ですから、月額料金を安めに設定してもサービスとして成り立つのです。

→ 月額562円でコスパ抜群のauビデオパス詳細

新作も見れるポイントが毎月540ポイントもらえる

auビデオパスでは毎月540ポイントがもらえます。

これは最新作1本分のポイントです。

作品によってレンタルに必要なポイント数が200~500ポイントまで変わってくるので、新作でも作品によっては2本程度見れる場合もあります。

ですから、月に1本新作を見ている場合は契約した方がお得ですね。

動画配信本数は人気ジャンルから10000本厳選

動画配信本数は約1万本です。(10万本じゃなくて1万本)

他の動画配信サービスに比べるとかなり少ないですが、動画配信サービスが提示する配信数には「こんなの誰が見るんだよ」という作品やショートムービーなども多数含まれているので実用的な動画本数はかなり減ります。

その点、auビデオパスはジャンルも映画なら洋画、邦画、ドラマも国内から海外、韓流物、その他アニメやバラエティなど
割と幅広く動画があります。

人気の作品はしっかり抑えてある印象なので、実用的な動画が10000本というイメージです。

マニアックな作品や掘り出し物はないですが、有名所はちゃんとある感じ。

普通に利用するだけなら10000本でも十分な量なので、作品数の少なさはあまり気にならず自分の観たい作品があるかどうかだと思います。

アニメや特撮ものジャンルに強い

auビデオパスはいろんなジャンルの動画を観ることができますが、中でもアニメや仮面ライダー、戦隊者など特撮ジャンルに力を入れています。

そのため、お子さんがいる家庭にも人気です。

スマホに動画をダウンロードすることも可能なのでお子さんがグズった時や大人しくしてほしい時にスマホで見せるということもできたりします。


→ auビデオパス無料お試し登録はこちら

専用のサービスに申し込めばアダルトも視聴可能

auビデオパスには月額562円の料金の見放題プランの他に、月額2500円のR-20見放題プランという専用プランがあります。

また、視聴にはSmart TV BoxかSTW2000(auひかり加入で借りれる)が必要です。

アダルト動画目的で利用するにはちょっと割高ですね。

アダルトであればU-nextなどの方が向いています。

マルチデバイスに対応、ダウンロード機能付き

Auビデオパス2

auビデオパスはマルチデバイスに対応しているので、スマートフォン、タブレット、パソコン、テレビなどで視聴可能です。

Chromecast(クロームキャスト)にも対応しています。

また、動画はダウンロードして視聴することも可能です。

ただし動画のダウンロード視聴はAndroidスマートフォン、iPhone、iPad、iPad miniのみ対応なので間違えないようにご注意ください。

※動画ダウンロード機能は全作品ではなくダウンロード視聴に対応している作品のみです。

ドラマの見逃し配信もあり

auビデオパスでは放送中のドラマの見逃し配信も対応しています。

見逃し配信をしている動画配信サービスは意外と少なく、フジテレビオンデマンド(FOD)、Hulu(フールー)、auビデオパスくらいなので見逃し配信目的なら一番月額料金が安いです。


→ auビデオパス無料お試し登録はこちら

映画の割引サービスが特典で何回でも利用できる

Auvideopass

auビデオパスユーザーは、

・TOHOシネマズ → 毎週月曜日は1100円
・ユナイテッドシネマズ → 割引きクーポン毎日1400円

という特典がついてくるので、映画館で映画を見たい派には嬉しい特典となっています。

TOHOシネマならポップコーンまで半額です。

キャリア決済も可能で申し込みは一瞬で終わる

auビデオパスはキャリア決済に対応しています。

毎月の料金はケータイ払いと一緒に行うことが可能です。

レンタル作品を借りる場合もケータイ払いで支払いできるので、クレジットカードの登録なども必要ありません。

また、auユーザー限定のサービスだからか申し込み完了までが異常に早いのでスマホをポチポチっとすればあっという間に申し込めます。

auビデオパスのオススメポイント

auビデオサービスはやはり月額料金の安さが特徴です。

dTVと同じレベルで、比較的安めのHuluの半額。

毎月新作が観れるポイントももらえるので、今まで新作を1本でもレンタルしていた場合は契約していおいて損はないサービスです。

ダウンロード機能もあって、作品ジャンルも割と充実しているので配信本数はそこまで気にせずに楽しめるので無料お試し期間にいろいろ見てみるといいと思います。

映画館の割引料金も映画館派の人にとっては嬉しいですよね。

私は映画によっては動画より巨大なスクリーンで観たい派なので、同じような場合はそれだけで月額料金の元がとれます。

auビデオパスの気になるポイント

auビデオパスの気になるポイントですが、特にコレというものはありません。

強いていうならauユーザーしか利用できない点ですが、そういうサービスなので気になるというのも少し違うかなというのが個人的な感想です。

配信作品数も数字だけ見ると少ないですが、どのジャンルの動画も基本的なところは抑えているので特に不便に感じたことはありませんでした。

基本的にauユーザーで動画配信サービスの利用を検討しているなら、第一候補にあげてもいいレベルでコスパは高いと思います。

 

auビデオパスの解約・退会方法

auビデオパスの退会方法は非常に簡単です。

Auビデオパス3

マイページに上記のようなボタンがあるので、そこをタップすればすぐに解約は完了します。


→ auビデオパス無料お試し登録はこちら