dTVは月額500円で12万本の動画が見放題の動画配信サービスです。

初回は31日間無料お試し可能。


31日間無料お試しdTV

ドコモが運営する動画配信サービスですが、ドコモユーザー以外でも利用できます。

料金や無料お試し期間などの特徴を詳しく解説していきます。

dTVとは?特徴を紹介

DTV3

dTVの特徴をまとめるとこんな感じです。

・月額500円、31日間無料お試し期間
・幅広いジャンルの12万本の動画が見放題
・マルチデバイス対応で複数の機器で視聴可能
・動画のダウンロード機能付き
・ドコモユーザーはキャリア決済も可能
・最新映画のオンライン試写会などの特典あり

月額500円、31日間無料お試し期間

dTVの料金は月額500円です。

申し込んでから31日間はお試し期間なので無料で利用可能。

もちろん、その期間も動画は見放題です。

注意点としてdTVの利用期間は、申し込み日に関わらず月初から月末までなのでお試し申し込み日によっては損をしてしまいます。

例えば、2月25日に申し込むと3月25日まで無料期間なんですが、

「3月25日に支払う料金は3月1日~3月31日分の料金」

となるので、この場合は無料期間が実質4日しかないことになるのです。

申し込み日によってはお試し期間が短くなってしまうこともあるので注意してください。

幅広いジャンルの12万本の動画が見放題

DTV2

dTVで配信されている動画は洋画、邦画をはじめアニメや韓流ドラマ、海外ドラマなど幅広く、配信作品数は国内でもトップクラスので12万本となっています。

ただ、この12万本の動画の中にはカラオケ動画やショートショートという上映時間の短い映画も含まれているため、実際に利用してみるとわかりますが配信作品数は少なく感じると思います。

それでも数万本は配信されていますし、動画配信サービスで重要なのは配信作品数よりも自分の観たい作品が配信されているかどうかです。


31日間無料お試しdTV

マルチデバイス対応で複数の機器で視聴可能

dTVの動画はマルチデバイス対応なので複数の機器で再生できます。

PS4やPS3などのゲーム機には対応していませんが、スマホやタブレット、テレビにPCなどは対応。

動画のダウンロード機能付き

dTVの動画は端末にダウンロードが可能です。

家のwifiでスマホやタブレットにダウンロードしておけば、外でもダウンロード不要で視聴できるので通信料がかさまないのは嬉しいポイントです。

ダウンロードした動画を移動中や通勤中に楽しめます。

キャリア系の動画配信サービスは通信料の購入でも売上を見込んでいると思うので、動画のダウンロード機能に対応しているのは良心的ではないでしょうか。

ドコモユーザーはキャリア決済も可能

dTVの支払い方法は基本的にクレジットカードになります。

しかしドコモユーザーであればキャリア決済も利用可能です。

dTV自体はauビデオパスと違ってauやソフトバンクなど他キャリアのユーザーでも申し込むことができますが、キャリア決済はドコモのみ対応で、それ以外はクレジットカードの準備が必要です。

最新映画のオンライン試写会などの特典あり

DTV1

dTVの利用者にはオリジナルグッズプレゼントや新作映画のオンライン試写会、dTVのプレミアムイベントの招待など、会員限定の特典があります。

試写会によく応募する場合はメリットになるかもしれません。

 

dTVユーザーの口コミ

DTV4

dTVユーザーの口コミはこんな感じです。

料金のコスパに関する口コミや番組のラインナップに関する口コミが多いようです。

dTVのオススメポイント

dTVのオススメポイントは料金の安さです。

ウォーキングデッドやゲーム・オブ・スローンズなどの人気海外ドラマも配信されていますし、韓流ドラマやアニメなど幅広いジャンルの動画が配信されています。

オリジナルコンテンツなども配信しているので500円で利用できるのは嬉しいポイントです。

dTVの気になるポイント

dTVの気になるポイントは最新作が見れないところです。

比較的早めに見放題サービスに追加されるようですが、位置付け的にはHuluと同じく見放題サービスなので最新作を観たい場合は向きません。

また、U-nextやビデオマーケット並に多いラインナップですが、12万本の中に「誰が観るんだろ?」的な動画が大量に含まれてしまっているのはちょっと残念ですね。

とはいえ月額料金は安いですし、動画のダウンロードもできるので空き時間のちょっとした時間に動画で時間潰しをしたいというニーズは満たせると思います。